基本の稽古

本日は水曜稽古2回目です

水曜日は札幌西区剣道連盟の指導部長の先生がメインで稽古をしてくださいます。

よろしくお願いいたします!

 

前半は立ち方、座り方から始まり、基本に重点を置いた稽古をしていただきました。

座った時、右足は決して左足の下にならないこと。

座って礼をする時、目線は真下ではなく少しだけ前方に向けること。

なぜなら、もし相手が襲って来た時すぐに対応できるようにするため。

 

基本の稽古

 

足はすり足が基本。すり足で前後左右斜めへ自在に動けるように。

すり足の練習では意識してできていたのに、

竹刀を振ってみると足のことがおろそかになり、

足を気を付けると声が出ていなかったりしていました。

足も手も声も、気を付ける所がたくさんです(+_+)

 

基本の稽古

 

1時間基本をやったあとは、上級者向け正しい素振りの仕方を30分。

小学生も上級者のやり方に興味津々で一緒にやりました。

 

そして面をつけての稽古30分。 

小手の色々な打ち方を詳しく教えて頂きました。

面を打つかのように見せて実は小手~!の練習をしました。

試合であの小手を出せるようになったらカッコいいよね

 

面をつけての稽古

たくさん稽古したらきっとできるようになるよ!

練習!練習!( `ー´)ノ

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    池田 (土曜日, 23 6月 2018 23:00)

    礼に始まり礼に終わる!
    相手から目を離さない!
    何故なら武士だから!

    素振り30分!
    小手の、連続技かな?

    どの年代の子にも素晴らしく為になる稽古ですね。
    発寒の子は大人しい子が多いので声を出して元気に頑張ろう!

    駿は、す○○ちゃんが水曜日楽しいっていうのを聞いて「それが剣道だよ!」と偉ぶってました笑

  • #2

    管理人 (日曜日, 24 6月 2018 18:35)

    池田さん
    いつも応援ありがとうございます!

    大人も子どもも一つ一つの動きを確認しながらじっくりと稽古させて頂き、とても充実した時間でした。
    そして保護者も、剣士・武士になったつもりで礼の仕方を練習しました。

    楽しいって大切ですね。子どもたちには、楽しく長く剣道を続けてほしいです。